脳の半分だけ眠る 半球睡眠を行う動物

イルカやクジラ・アザラシの半球睡眠

イルカは眠らない動物として知られています。

 

 

イルカは一日中泳いでいて、眠らずに活動しているように見えますが、厳密には「完全に起きている」わけではありません。

 

 

イルカはなんと脳の半分ずつ眠るのだそうです。

脳の半分だけ眠る睡眠を半球睡眠といいます。

 

 

半球睡眠では片目をつぶり、目と反対側の脳を半球睡眠させるのです。
(右目をつぶったら左脳が睡眠する)

 

 

半球睡眠をする動物は、イルカのほかにクジラやアザラシがいます。

 

 

アザラシは、水中では半球睡眠を行い、陸上では脳全体でレム・ノンレム睡眠をとります。
鳥類の一部にも半球睡眠を行う種類がいます。

 

 

また、イルカにはレム睡眠がありません。

 

 

レム睡眠では筋肉が弛緩します。
敵に襲われる危険のある水中では、筋肉を緩めて寝てしまうと命にかかわるおそれがあるから、といわれています。

 

 

またイルカは哺乳類なので、水中で筋肉を弛緩させてしまっては溺れてしまいます。

 

 

イルカが「眠らない」のは、水中で生活する哺乳類として必須の能力と言えそうです。

 

 

 

関連ページ

キリンや猫のレム・ノンレム
動物にもレム・ノンレム睡眠があります