快眠を助ける要素記事一覧

寝る前のストレッチで快眠

寝る前のストレッチが快眠の助けになるのは、広く知られるようになりました。毎日ではありませんが、管理人も寝る前ストレッチは実践しています。ストレッチで体を伸ばすと副交感神経が優位になるので、深い眠りに入りやすいのです。この作用を最大限に活かすために、管理人が意識しているポイントがいくつかあります。準備...

≫続きを読む

意外とできない 部屋を暗くする 快眠のための提案

「寝る前は部屋の明かりを暗めにしておくと快眠できる」のは、テレビ番組などでも繰り返し報じられているため、よく知られているのではないでしょうか。夕方以降は暗くなるのが自然本来のリズムなので、明るさが減じるにつれて睡眠の準備が整っていくのは道理です。しかし、それがわかっていても、寝る前に明かりを暗くする...

≫続きを読む

モナリザ・エクササイズ シェイキング で快眠

質の良い眠りを得るには、自律神経のバランスを整えなくてはいけません。そのための手段のひとつとして、「モナリザ・エクササイズ」という簡単な運動があります。この「モナリザ」とは、アメリカのジョージ・ブレア医師が提唱した「肥満者の多くは交感神経の働きが低下している」という英文に由来しています。モナリザ・エ...

≫続きを読む

副交感神経を優位に 片足立ちエクササイズ 青木 晃医師

質の良い睡眠を得るためには、眠る時点で副交感神経への切り替えがスムーズに行われなければいけません。横浜クリニックの青木 晃院長は、副交感神経を優位にする「片足立ちエクササイズ」を提唱しています。夜の入浴前に片足立ちを行うと、バランスをとることに意識が集中するため、脳の興奮が鎮まって副交感神経への切り...

≫続きを読む

快眠に理想の環境 部屋の温度 湿度

北国住まいの人でなければ、夏の熱帯夜に寝苦しい思いをした経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか。夜間でも熱中症になることを考えると、やはり場合によってはエアコンを適切に使ったほうが質の良い眠りを得られます。深い眠りと周囲の環境は密接に関係しているのです。雨晴クリニックの坪田聡副院長は、深い眠りを...

≫続きを読む

森下克也医師 心で「アー」とつぶやき快眠

いざ寝ようとすると、心の中をいろんな考えが巡って眠れない、ということはないでしょうか?「眠れないなぁ・・・」「何であんなこと言ったのかな・・・」「仕事はうまくいくだろうか・・・」など、悩み事があるなら、なおさらいろいろ考えてしまいます。眠って脳を休めるために床に入ったのに、あれこれ考えて脳が冴えてし...

≫続きを読む

スッキリ目覚めるためのアイデア 起きてまずやること前日からの準備

朝スッキリ目覚めて、すぐに活動を始めるのに最も大切なのは、質の良い眠りであることは間違いありません。そのための方法や食材はこのサイトで紹介しており、当サイト運営の目的は、まさにその「質の良い眠りを得る」ことに他なりません。その眠り自体の質に加えて、起きてからの工夫も実践すれば、朝から活動的に過ごせる...

≫続きを読む

足裏・足の指を揉んで快眠 今枝昌子さんのリフレクソロジーやり方

古くは「青竹踏み」などとして、足の裏を刺激する健康法は、いまでは「リフレクソロジー」としてすっかり認知されています。そして足の裏が体のあらゆる部分と関連していることは、多くの人が理解しています。お風呂あがりなどに、足の裏をもむのが習慣になっている人もいるのではないでしょうか。各臓器と対応している、足...

≫続きを読む

良い眠りを得るための足裏マッサージやり方 ひとりでできます

前ページで紹介した、快眠のためのリフレクソロジーのやり方を紹介します。前のページはこちらスリープケアマスター・今枝昌子さんの提唱する刺激法です。今枝さんのブログはこちら■足の裏全体を揉むいすに座るか、床に腰を下ろし、一方の足を他方の太ももにのせ、足の裏を上に向けて、揉みやすい体勢をとります。両手の親...

≫続きを読む