ストレッチをするとリラックスして快眠できます

寝る前のストレッチで快眠

寝る前のストレッチが快眠の助けになるのは、広く知られるようになりました。

 

 

毎日ではありませんが、管理人も寝る前ストレッチは実践しています。

 

 

ストレッチで体を伸ばすと副交感神経が優位になるので、深い眠りに入りやすいのです。

 

 

この作用を最大限に活かすために、管理人が意識しているポイントがいくつかあります。
準備運動などで行うストレッチとは違うポイントになります。

 

私は、寝る前のストレッチでは

 

 

■とにかくリラックスすることを第一に意識

 

 

しています。
そのためには、

 

 

■ほとんど深呼吸と言えそうなほど深く長く息を吐く

 

とイイ感じです。

 

運動前の準備運動ではなく、これから睡眠をとるのですから、とにかく体の力を抜いてリラックスする方向に持っていくわけです。

 

 

「自分が液体になった」とイメージして、体のどこにも力を入れず、そのまま眠ってしまいかねない勢い(?)でリラックスします。

 

 

ちょうど、マッサージをうけてコリがほぐれ、体が緩み、眠くなってしまうのと似た状態する、とも言えるでしょう。

 

 

また、個人的にはリラックスと同時に、

 

 

■全身の血流が良くなっている

 

ようイメージしながらストレッチします。

 

睡眠中は全身に栄養や酸素が供給され、身体の修復や成長が進みます。

 

 

ストレッチは副交感神経を優位にすると同時に、血行を促進する運動でもあります。

 

「血流が良くなってるぞ!」というイメージすることで、ストレッチの効果をより高めるわけです。

 

 

「思いこみ」の域を出ないかもしれませんが、自分が行っている運動がもたらす作用を意識することで、効果がさらにアップするのは十分ありえる話です。

 

筋トレで、鍛えている筋肉を意識するのと同様です。

 

 

 

 

 

 

関連ページ

意外とできない「部屋を暗くする」
就寝時間が近づくにつれて証明を暗くすると快眠の助けになりますが 意外とできないのでは?
モナリザ・エクササイズで交感神経刺激
自律神経を整える ジョージ・ブレア医師のモナリザ・エクササイズ
片足立ちで快眠の助けに
夜の入浴前に片足立ちすると副交感神経が優位になります
快眠に必要な部屋の温度・湿度
深い眠りを得るためには部屋の環境も大切です 坪田聡医師
心で「アー」とつぶやく入眠法
あれこれ考えて眠れない時の対処法です
目覚めスッキリ&すぐ活動を始めるコツ
睡眠の質は何より大事ですが 起きてからの工夫などで目覚めをスッキリさせることも可能では
快眠を助けるリフレクソロジー 足裏の揉み方
足の裏の「反射区」には快眠に関わる箇所があります 良い眠りを得るためのリフレクソロジー紹介 今枝昌子さん推薦
足裏を揉んでグッスリと やりかた紹介
自律神経を整えて快眠を得るためのリフレクソロジーやり方 睡眠トラブルを抱えている人は足の親指が硬くなるそうです