日本の子供は遅寝 睡眠不足気味です

学年と共に子供の遅寝進行・睡眠不足 文部省の調査

平成17年三月に文部省が行った「義務教育に関する意識調査」によると、午前0時以降に就寝する小学生の割合は

 

 

小学四年生で5.1%

五年生で7.6%
六年生で11.8%

 

 

です。
それが中学生になると・・・

 

 

一年生で35.2%
二年生で52.5%
三年生で64.4%

 

 

と、遅寝の子どもの数が跳ね上がります。

 

 

就学児童には少なくとも8時間の睡眠が必要とされています。

 

 

午前0時以降に寝たとしても、中学生であれば6〜7時頃には起きる生活だと考えられます。

 

 

中学では受験勉強が始まるとはいえ、半分ほどの中学生が睡眠不足であると考えられるのは少々心配です。

 

 

ある調査では、小学生の59%、中学生の67%、高校生の74%が睡眠不足を訴えているという結果も出ているそうです。

 

 

子供の睡眠不足は脳神経系の発達を遅らせ、感情の抑制やコントロール、注意力・集中力の低下、記憶・学習能力の低下といった悪影響を生じさせる可能性があります。

 

 

登校時間ギリギリまで寝ていると、朝食をとる時間もなくなるため、遅寝の生徒は朝の欠食傾向も強くなると考えられます。
成長期にある子供にとって朝食がいかに重要かは、いまさら改めて言うまでもありません。

 

 

睡眠不足だけでなく、栄養不足も招く可能性のある遅寝は、改善させるべき習慣だと言えます。

 

 

 

 

 

関連ページ

子供のおねしょ 発症率や治し方
子供のおねしょを治すには怒らずあせらず じっくりが基本です
子供の睡眠習慣と成績 山口県・アメリカの調査
子供の睡眠習慣と成績は関連しています