子供の睡眠障害は成績 肥満 運動能力に関わります

学生の成績と睡眠 山口県とアメリカの調査

現代の生活は全体的に夜型に移行しており、子供の睡眠時間も短くなっているといわれています。

 

 

昼間に強烈な眠気に襲われるなど、睡眠障害を訴える子供も増えているそうです。

 

 

子供の睡眠は子供の学業成績にどのように影響するのでしょうか?

 

 

山口県小野田市の教育委員会が、06年に小学生対象の調査を行っています。

 

 

小学生の就寝時刻と学力偏差値の関連をしらべたところ、20〜21時までに就寝する子供の偏差値が最も高いという結果が出ました。

 

就寝時刻がそれより遅くても早くても偏差値が低くなったのです。

 

 

またアメリカの調査では、成績の良い生徒は22時30分ごろに就寝し、睡眠時間を7時間30分ほど確保していた群が最も多かったのに対し、成績の悪い生徒群は就寝時刻が遅くなり、それに伴って睡眠時間が短くなるという結果が出ています。

 

 

現代では子供でも携帯電話やパソコンを所持していて、それらと接する時間が増えると就寝時刻は遅く、睡眠時間は短くなる傾向があります。

 

 

また携帯電話やパソコンの画面は光を発しているため、寝る前に見つめると脳が覚醒してしまい、睡眠の質が悪くなってしまいます。

 

 

そして子供の睡眠障害は成績だけでなく、肥満や運動能力の低下にも関連しているとの指摘もあります。

 

 

さまざまな文明の利器が発達し、生活様式も多様化している現代ですが、昔から言われている「早寝早起き」の価値を再認識してもよいのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

関連ページ

日本の子供の遅寝・睡眠不足
日本の子供は中学生になると遅寝傾向が急増します
子供のおねしょ 発症率や治し方
子供のおねしょを治すには怒らずあせらず じっくりが基本です