米国の研究で睡眠時無呼吸症候群はがんリスクも高めるとわかりました

がんリスク高める睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(以下 SAS)が原因で起きる最も顕著な症状は、何と言っても昼間の眠気でしょう。

 

 

たかが眠気と軽視するわけにはいきません。
車を運転中に眠気が襲うと、大惨事を引き起こすことになりかねないのです。

 

 

SASは眠気だけでなく、高血圧や肝機能障害、心臓病、うつ病とも関連しているといわれています。

 

 

加えて海外の研究では、SASはがんのリスクも高めるとの結果が出ています。

 

 

米国とスペインの共同研究で、SASはがん死亡リスクを最大で5倍近く上げることがわかりました。

 

 

2012年5月末に米国サンフランシスコで開かれた「米国胸部国際学会」で発表されています。

 

 

米国ウィスコンシン・マディソン大学のジャビエ・ニート教授らの研究チームが1522人の成人を対象に、健康状態や睡眠時の呼吸の様子、および死亡率などを22年間にわたり調査しました。

 

 

年齢、性別、喫煙習慣などの要素を加えて統計をとったところ、重いSAS症状のある人はそうでない人に比べて、がんによる死亡リスクが4.8倍高いことがわかりました。

 

 

研究チームは「SASが、がん死亡リスクを高める要因になっているのは間違いない」と結論付けています。
SASは実に多くの病気を引き起こすのです。

 

 

SASの主な原因は肥満です。
肥満自体が生活習慣病の原因となりますし、SASも発症させるとあれば、適正体重を保つのは極めて大切だと言えます。

 

 

 

 

 

関連ページ

ナルコレプシーの発症率や特徴 双子では
ナルコレプシーの日本での発症率は世界的にはかなり高めです
睡眠不足は太りやすくなる
睡眠不足はホルモン分泌異常が原因で太りやすくなってしまいます
睡眠不足と肥満 グレリン増加
睡眠時間の短い人は分泌ホルモンの関係から 太りやすくなります