断眠の公式記録は260時間以上です

断眠の記録と発生する現象 ラットは死亡

ヒトはどれくらい眠らずにいられるのでしょうか?

 

 

現在残っている公式記録は、アメリカの17歳の高校生ランディ・ガードナーさんが1964年に作った264時間です。

 

 

2007年には、イギリスのトニー・ライトさんが266時間の断眠記録を作ったとされていますが、こちらは公式記録かどうかは不明です。

 

 

睡眠に関する専門書では、ガードナーさんの記録を公式としています。
この断眠記録を作ったあと、ガードナーさんは14時間40分眠ったそうです。

 

 

ちなみに現在ギネスブックでは、断眠記録は危険だとして申請を受け付けていません。

 

 

ヒトは眠らないでいると次のような現象が表れます。 

 

 

眠くなるのは当たり前として・・・

 

 

注意力が散漫になる
作業能率が低下する
周囲に関心が無くなる
幻覚が見える

 

 

ようになり、さらに断眠が200時間を超えると、

 

 

手が震える
発音が不明瞭になる
吐き気を感じる

 

 

といった現象が起きます。

 

 

長時間起き続けると、ごく短時間眠ってしまう「マイクロスリープ」が発生します。
一瞬とはいえ眠っている状態なので、話しかけられても応答はできません。
もちろん、本人も気づいていません。

 

 

ちなみにラットを強制的に断眠すると、体温の低下、皮膚の潰瘍、体重減少などが起き、28日間の断眠でラットは死亡した、という記録があります。

 

 

 

 

 

関連ページ

レム・ノンレムは正しくない?
「レム」「ノンレム」は正しくない?
寝る前の読書は睡眠の妨げになる?
読書の内容によって睡眠に影響があるような気がします
加齢と共に睡眠の質が低下するのは
年をとると眠りが浅くなるのはなぜでしょうか?
遅寝・短眠傾向の日本人
日本人の平均睡眠時間 就寝時刻
金縛りはレム睡眠で発生します
金縛りは心霊現象ではなく睡眠状態の一種です
日本人の睡眠時間
雑誌「Tarzan」から 日本人の睡眠時間調査
パジャマか全裸か?快眠のためには
パジャマと全裸いずれにも理由があり意見が分かれています
快眠を妨げるNG習慣 5か条 坪田聡医師
質の良い睡眠を得るためにはやらないほうが良いことがあります 熱いお風呂や寝る前のテレビなど
坪田聡医師 快眠のためのコツ
坪田聡医師が心がけている 快眠のための習慣・コツ 寝る前のパソコンやスマホは厳禁です