年をとると眠りが浅くなる理由

加齢と共に睡眠の質が低下するのは

赤ちゃんや小さな子供の睡眠はとても深く、時間も長いのが特徴です。

 

 

また新しい体験情報を次から次へと記憶する必要があるため、レム睡眠が多くなります。

 

 

しかし30歳を過ぎる頃から深い睡眠が得られにくくなってきて、60歳を過ぎると、

 

 

眠りが浅くなる
頻繁に目が覚める
朝早く目覚める

 

 

といった不眠の症状を多くの人が訴えるようになります。

 

 

年齢を重ねると眠りの質が悪くなるのはなぜでしょうか?
次のような理由が考えられます。

 

 

メラトニンの分泌量が減っている
体温調節能力が落ちて、一日の体温の差が小さくなっている
日中の活動量が減り、脳や身体を休息させる必要性が低下

 

 

一言でまとめるなら、眠るための機能も加齢と共に衰えるから、ということになります。

 

 

睡眠前に体温を少し上げておくと、脳はその反動で体温を下げようとするので睡眠が深くなります。
就寝の2〜3時間前に、軽く汗ばむ運動や、40度ほどのお湯に入浴をすると質の良い眠りを得られるでしょう。

 

 

ちなみに、セロトニンは睡眠だけでなく、

 

 

体温調節 記憶 摂食 性行動 内分泌 精神の安定

 

 

など多くの人間の生理活動に関わっています。

 

 

 

関連ページ

レム・ノンレムは正しくない?
「レム」「ノンレム」は正しくない?
ヒトや動物が眠らないと
断眠を続けるとラットは死亡してしまいます
寝る前の読書は睡眠の妨げになる?
読書の内容によって睡眠に影響があるような気がします
遅寝・短眠傾向の日本人
日本人の平均睡眠時間 就寝時刻
金縛りはレム睡眠で発生します
金縛りは心霊現象ではなく睡眠状態の一種です
日本人の睡眠時間
雑誌「Tarzan」から 日本人の睡眠時間調査
パジャマか全裸か?快眠のためには
パジャマと全裸いずれにも理由があり意見が分かれています
快眠を妨げるNG習慣 5か条 坪田聡医師
質の良い睡眠を得るためにはやらないほうが良いことがあります 熱いお風呂や寝る前のテレビなど
坪田聡医師 快眠のためのコツ
坪田聡医師が心がけている 快眠のための習慣・コツ 寝る前のパソコンやスマホは厳禁です